ファッションを格上げ!大人のパーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断 愛用バッグ

30代から40代、50代と年齢を重ねていくごとに、人間的な深みが出て、魅力的な大人の女性へと進化していきます。ファッションも同じように、年齢とともに深みを増すことができると、いくつになってもおしゃれを楽しむことができます。

自身の魅力を最大限に引き立ててくれるファッションができると、周りからの見られ方も良い方向へと変化します。逆に、年齢や自分に合っていない服装やバッグ、靴などの小物、ヘアスタイルやメイクだと、どこかしっくりこなかったり浮いてしまったりと、第一印象を下げてしまいます。

せっかく気に入って、バッグや時計・服などを購入しても、なんとなく似合わないという理由で着る機会が減ってしまったらもったいないですよね。

「ファッションによって自分の魅力をもっと引き出したい」「若いころと違って、自分に似合うファッションがわからない」「年齢を重ねてもファッションを楽しみたい」と感じている方は、パーソナルカラーを取り入れてみませんか。

今回、プレバルマガジン編集部はイメージコンサルタントでレディゴ代表の成田真由美氏に取材をおこないました。パーソナルカラー診断や骨格診断によってトータルコーディネートを手がけるプロの観点から、ファッションを格上げするパーソナルカラー診断についてご紹介します。

似合うものは40代から大きく変わる

40代になると、これまで似合っていると感じていたファッションが急にしっくりこなくなったり、もともと好きだったブランドなのにパッとしないと感じることが増えてきます。

なぜなら、40代になると体型や肌質が変わったり、自分が今まで見てきた顔や見た目とは、目に見えて違う変化が出てくるからです。この変化は年齢とともに起こる自然な現象です。「なんだか見た目が変わったな……」と感じた時には、自分に似合うのはどんなファッションなのかを考える絶好のタイミングです。

若者と大人のファッションの違い

若者と大人のファッションには、顔や体型の変化による違いが生まれます。若いときは肌がつるつるでハリがあり顔のたるみもなく、胸やおしりも下がっていないため、基本的にはどんなファッションでも似合います。

逆に、30代後半~40代と年を重ねていくと、肌や体型に変化が出てきます。気になる部分が出てきたら、オシャレでカバーすることが大人のファッションでは重要なポイントです。また、服やバッグ・靴・時計・アクセサリーといった小物の価格帯にも違いが出てきます。

大人になったら高級なものだけを身につけないといけないということでは決してありません。しかし、ファッションに深みを出すのであれば、バッグであればエルメスやルイヴィトン、時計であればロレックスをはじめとした高級時計など、ハイブランドのものを取り入れることで全体を格上げすることができます。

20代だと手を出しづらいハイブランドのバッグや時計も、30代・40代となってくると自然に取り入れやすくなりますね。

ファッションを格上げするメリット

ハイブランド品を取り入れることで、あなたの大人の魅力を引き出すことができます。上品な着こなしは、落ち着いた大人の印象を周囲に与えてくれます。例えば40代といえば、仕事では経験を積み、部下や取引先からも信頼されるポジションとなっていることでしょう。

あなたの仕事の実績や人間力で培った信頼を、さらに後押ししてくれるのが、気品ある格上げされたファッションです。プライベートにおいても、ファストファッションといわれる低価格の服装にハイブランドのバッグや靴などをワンポイントとして取り入れることで、ワンランク上のコーディネートに仕上げることができます。

全身をハイブランドで固めなくとも、バランスよく組み合わせることで、大人で気品のある着こなしはじゅうぶんに実現可能です。

パーソナルカラーを知ることで得られるメリット

大人の着こなしに重要なのは、パーソナルカラーを取り入れたコーディネートをすることです。肌や瞳、髪の色などはひとりひとり異なるため、自分に合ったカラーもそれぞれ違います。自分に合ったパーソナルカラーをチョイスすることで、美肌効果や着痩せ効果、好感度効果などさまざまなポジティブな効果を得ることができ、洗練された印象を与えることができます。

逆に、自分に合った色を選ばないと、なんだかちぐはぐに感じてしまったり、しっくりこない、バランスが悪いと感じてしまうことでしょう。

パーソナルカラー診断の方法

パーソナルカラーを調べる方法は、プロに診断してもらう方法の他に、簡易的な自己診断があります。プロの診断は、約120色のドレープ(色布)をあてて肌・瞳・髪・唇などの色や質感、なじみ具合を比較して判断します。

また、パーソナルカラーの診断に加えて、メイクアップやファッションのアドバイスもしてもらえますので、ファッションについて専門家からより具体的なアドバイスをもらいたいと考えている方にはとてもおすすめです。

自分でできるパーソナルカラー診断

自己診断の場合は、インターネットで診断ができるサイトを検索したり、パーソナルカラー診断の書籍を活用することで手軽におこなうことができます。診断結果に加えて、どういった色の服や小物が似合うのかもざっくりと書いてあるので、選ぶときの参考にすることができます。

一般的に、自己診断では正確な診断が難しいと言われています。自分のパーソナルカラーを正しく診断したい場合は、一度プロの診断を受けてみることをおすすめします。

インターネットのサイトや書籍を利用して自己診断が可能です。肌の色・瞳の色・髪の毛の色・唇の色などに対する質問を回答することによって、自分のパーソナルカラーを導き出すことができます。

パーソナルカラー診断のポイント

自己診断は判断に困る場合もあります。その時は人に色を判断してもらったり、プロの診断と同じように布やアクセサリーをあててみるとヒントになります。例えば、お店で試着可能な場合であれば1種類でなく複数の色のアクセサリーや小物をあててみる、時計であれば色違いの時計を左右でつけてどちらが映えるのかを比較するといったようにしてみるとよいでしょう。

診断では、色みを下記の4つのタイプ(4シーズン)に分けます。

イエローベース

イエローベースは、暖かい感じの色や黄色よりの色で、明るくカラフルな印象です。さらにスプリングとオータムの2種類に分かれます。

  • スプリング
    4シーズンの中で一番明るく、可愛らしい色調で、くすみがないブライトトーンがほとんどです。春の花畑のようなフレッシュで若々しい印象です。
  • オータム
    深みと渋みがあり、リッチ感のある色調で、ディープトーンやダルトーンといった深い色味がほとんどです。渋めで落ち着いた印象です。

ブルーベース

ブルーベースは、青みよりの色で、冷たく澄んでいる印象です。さらに、サマーとウィンターの2種類に分かれます。

  • サマー
    爽やかで涼しげな色調で、紫陽花のようなパステルカラーが似合います。少しダスティでソフトな色味のため、優しくて柔らかな印象です。
  • ウィンター
    大胆ではっきりとした色調で、原色に近い色です。または、ストロングトーンやアイシートーンといった白が強い色味が似合う人もいます。シャープで力強い印象です。

パーソナルカラーを知って魅力を高めよう

パーソナルカラーを知ることは、上品さや大人の魅力を最大限に引き出すファッションのために重要です。4つに分類されたタイプに該当する服装やバッグ、時計などを取り入れることによってあなたの印象をより良くすることが可能になります。

自分に合った色みを上手く活用することによって、顔回りは美肌効果や小顔効果、体型は気になる部分をカバーできたり、着痩せしたりスタイルをよく見せる効果、ファッションではこれまでより一層洗練された着こなしができるといった効果があります。

オシャレ上級者ほど、自分に合った色や形を理解して、それに合ったものを取り入れることによってバランスよく見える工夫をしています。あなたも自分に合うカラーを見つけてみてはいかがでしょうか。

もっと自分に似合うものを知りたいなら

ファッションは、流行だけでなく年齢とともに変わっていきます。「これまでのファッションがしっくりこない」「なんだか似合っていない気がする」そのように感じた場合は、自分の服装や小物などを見直してみてもよいかもしれません。

もしかしたら合わないものも出てくるかもしれませんが、それはあなたが新しいファッションにチャレンジするきっかけになるはずです。パーソナルカラーをおさえた服や小物選びで、品のある大人な魅力溢れるファッションを楽しみましょう。

レディゴのイメージコンサルタントは、カラーコーディネートだけではなく、ファッション、ヘアメイク、立ち居振る舞いや所作、色彩心理による色彩戦術などのすべてを理論に基づいて導きだし、職業やライフスタイルに合わせ効果的な印象を提案することが可能です。

高額なバッグがクローゼットで眠ることがないように、一度プロに診断してもらうと良いですね。あなたに似合うものを知り、魅力を最大限引き出しましょう。

▼レディゴHP

レディゴ
第一印象や容姿を見直して、仕事もプライベートも格上げしませんか?

PREMIER VALUE 一括査定は、ハイブランドバッグ・時計専門の査定サービスです。フォーム入力後はプロが価格交渉を代行するので、高額買取が簡単に実現できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました